みちばた日誌

いまをぼちぼち生きる。

同好の士とつながった話。

Twitterをフォローしているイラストレーターさんの「お題箱」に投稿したテーマが採用されました。キャラクターとアバウトなシチュエーションを書いただけでしたが、イメージ通りの素敵なイラストに仕上げていただいて…。すごくうれしい。

 

送ったテーマが使われるかどうかは作家さんの琴線に触れるか否かで決まるので、採用されたときはなんだか自分と作家さんの感性が交差したような気がして、そういう意味でもちょっと感動で。深い部分で趣味趣向が重なる感じ、とでも言いましょうか。

 

お互いに名前も顔も知らないどこかの誰かなんですが、「こんなんどうでしょう?」「それいいね!」って言い合えるのっていいなぁと。人見知りを拗らせに拗らせた結果、ネットでも引きこもり症な私ですが、「ああなるほど…これが"つながる"ってことか」としみじみ感じられました。SNSが広まった理由がようやくわかった気がします。笑

 

長らく抱えている自分のコンプレックスの1つが、「好きなものを語ることがこわい」ということです。自分が好きなものなんて、本当のところ誰にも理解されないんじゃないか。そういう恐怖。

 

考えてみればそれはあまりにも不遜というか、作り手に対してものすごく失礼なわけで、書いててものすごく恥ずかしい話で。まさに自縄自縛、思い込みがそうさせているところがあって、このあたりの意識改革は必要だなぁと。

 

好きなものを好きって言えた方が、絶対いいと思うのです。自分と意見の合わない人の視線を気にしてしまって、理解し合えるひととの出会いを失うのはとてももったいない。そんなことを思わせてくれる出来事でした。

 

小心者とメルカリの話。

昨晩、コロナワクチンの二回目の接種をしてきました。大事を取って今日はバイトのシフトを変えてもらい一日休みとなりました。…で、副反応はというと、ありがたいことにあんまりたいしたことはなく。腰や股関節の強ばりはあるものの、体温は平熱で食欲も問題なしで無事に終わりそうな感じです。

 

そんなわけで元気なのに布団で転がってるのもなぁ…ということで、朝から不用品をメルカリに出品する作業をしていました。最近はメルカリをもっぱら購入専門で使っていたので、久しぶりの出品でちょっと緊張。商品紹介文とかどうやって書いてたっけ…とか思いながらやってました。

 

出品したのはゲームソフト2本とスイッチのハードケースの計3点。直近の取引相場を見比べて、ほぼ最安値で出品したこともあって、午前に登録して正午には3点とも無事買い手がつきました。ゲーム関係は需要が常に一定数存在するし、梱包がかさばらないので発送費用が抑えられるのがいいですねぇ~。

 

そんなわけで発送手続きを行うためコンビニへ。ただここで1つ問題が生じてしまうのです。

コンビニでの発送手続き(今回はセブンイレブンさん)は、以下のような流れで進みます。順を追って説明しますと…

 

①メルカリアプリ上で発送方法等を選択し、バーコードを表示させる

②レジで店員さんにバーコードを読み込んでもらい、送付状を発行してもらう

③送付状を商品に貼り付けたら店員さんに預けて終わり

 

という感じ。書いてみると意外とシンプルで、これのどこに問題が…?と思われるやもしれませんが、商品を複数点同時に送りたい場合、ちょっとややこしくなるんです。すなわち、上記の作業を3回それぞれ行わないといけない。これはちょっとめんどくさい。というか、自分以上に店員さんがめんどくさいはずで^^;

 

誰が呼んだか、Natural-born Chicken Heartとは私、もんじゃのこと。もう家を出るタイミングで「セブンを3店舗回って商品を発送する」というイメージトレーニングをしている始末。

 

みなさんは言えますかね?呪詛めいた合言葉「メルカリ3つ、お願いします」。じゃあ1回声を揃えて言ってみましょうね。せーの!

「私は無理です。」

だって店員さんから面倒くさいオーラ出されたら心が死ぬもの。人生いろいろ思うところはあるけども、メルカリの発送手続きで捨てられるほど安い命でもないのだ。ゲームは売れても、魂を譲るわけにはいかんのです。

 

そんなわけでまずは家から一番近いセブンで1つ目の発送。対応してくれたお姉さんはなにやら電子パネルを操作しながら、私の発送手続きを見守っておられました。完全に片手間仕事。心なしか冷ややかに感じる視線。こうなるともう「あ、あと2つ送りたいんですけど…」は言えません。無理。もうノドにすら上がってこない、言葉が。

 

しかし案ずることなかれ。すでにイメージトレーニングが完成している状態の私は、そんなこと屁でもありません。「はなから1店舗で片が付くなんざ、思っとらんわバカチンが!」ともはや誰に向けての強がりかもわからない想いを胸に、いざ2件目。

 

次のセブンに入ると、なんと客は私1人。「これはもしや…いけるのか?」と高鳴る胸の鼓動を周囲に気取られぬよう、スピーディーにスマホを操作。レジのお姉さんに「すいません、メルカリを…」と声をかけたところ、「はい!ではバーコードをお願いしますね!」と明朗な反応が。通算2つ目の商品の手続きをする私を、にこにこ笑顔で待ってくれているではありませんか。危うく惚れかけた

 

そんな女神の対応に、内なる自分__いやそれをより正確に表現しようとするならば、人のあたたかさを忘れた悲しき怪物とでも言うべき存在__彼が私に囁くのです。「この人になら、もう1つお願いしても快く引き受けてくれるはずだ」と。ああGoddess、我を救いたもう。

 

…的な心の葛藤があったりしつつも、「…もう1つ、お願いできますか?」という一世一代のプロポーズを女神は慈しみを湛えたご尊顔で「大丈夫ですよ~」と受け入れてくださいました。

 

 ああ女神様。

 私はあなたが望むなら、この身を灼熱の炎にだって捧げましょう。

 あなたのやさしさが、一匹の獣を一人の人間に変えてくれたのだから。

 

帰りにローソンでミルクコーヒーを買って帰った。おいしかった。

ぶどうを求めて岡山へ、の話。

秋です。天高く、そして馬肥ゆる秋でございます。どなたかの言葉であるかは存じ上げませんが、そんな素敵な言葉が世に語り継がれるほど、うまいもんとの出会いに心踊る季節がやって参りました。

 

とくに私を昂らせるものといえば…そう、ぶどう!ぶどうでございますよ、奥さん。フルーツで一二を争う大好物で、巨峰もマスカットもデラウェアも大好き。見境なくむしゃぶりつきます。そしてお隣の岡山県といえば国内でも指折りのぶどうの産地。となればお伺いしないのは失礼というもの。そんなわけで、ぶどうを買いに岡山県瀬戸内市邑久町へ行って参りました。

 

自宅から2号線、ブルーラインを走って約1時間。やってきたのは『JA岡山 農産物直売所 はなやか瀬戸内店』。採れたての岡山県産のぶどうが安価で購入できる、まさにぶどう好きにとってのパラダイスです。開店直後に到着しましたが、既に駐車場はほぼ満車の大盛況。

 

店内は高級品種『シャインマスカット』をはじめ、多くのぶどうがずらりと並んでいました。しかも安い。百貨店で何千円もする品種が数百円で買えちゃう。最高すぎる。


f:id:mojamonja:20210920202753j:image

となれば。自然とあれもこれも…とカゴに入れてしまうのが人の性というものでしょう。『シャインマスカット』『瀬戸ジャイアンツ』『藤稔』『ベリーA』をまとめ買い。しかしこれだけ買っても2,000円しないのは凄すぎる…。

 

自宅で味比べをしましたが、どれも最高でした。それぞれ全く味がちがうのが楽しい。片道1時間で行けちゃうし、シーズン終わるまでにもう一回は行っときたいなぁ~。

売ってもうた!な話。

しばらく部屋のインテリアと化していた、ニンテンドースイッチをゲオに引き取ってもらいました。店舗が設定している上限額で売れたのでとても満足。箱残しといて本当によかった~。

 

半年くらいかなり遊ばせてもらったので、元はしっかり取れたかなぁと思います。最近はゲームといえばもっぱらウマ娘か雀魂を触ることが多くなったこともあって、使わずに手元に置いておくよりかは、遊んでくれるオーナーさんのもとにいったほうがスイッチのためになるか…そんな感じで手放しました。

 

ちょっと惜しい気もしますが、特別やりたいゲームも今のところはなかったので、まぁそういうタイミングだったということで。…これでMOTHERシリーズの復刻とかきたら相当後悔するんだろうなぁ。笑

 

f:id:mojamonja:20210919202551j:plain

わぁい。

 

ぼやいてみる。

朝からどうにも落ち着かなくて、久しぶりに心がざわついた一日でした。あんまり思い当たる理由がないだけに、対処のしようがなくなんだかずっと浮ついた感じでした。でもちゃんとバイトをこなしたのは我が事ながら成長したなぁと。よく生きて帰ってきた、100点。

 

で、眠気もこなさそうなので気を紛らわそうと読書してました。家族の日常とかを描いた写実的な漫画。そこに描かれた、なにげない風景を見ていて「ああ、いま自分は寂しいと感じているんだなぁ…」と。そう気づいたことでなんかちょっと落ち着きました。

 

腑に落ちたところで、なんかちょっと眠たくなった気がします。風呂入って、温かいの飲んで床に就きます。ぷはぁ。

秋晴れの休日の話。

バイトが休みの金曜日。何をしようかとぼんやり窓の外を見てみると、見事な秋晴れの空が広がっていたので、ちょっと自転車でぶらぶらすることにしました。片道1時間弱の隣町まで行って姪っ子の誕生日プレゼントと来年の手帳を探そうかと。

 

道中にリサイクルショップに寄って、服を売ることにしました。出がけに観たテレビCMで買取金額20%アップと宣伝していたので、学生時代から愛用していたマウンテンパーカーを買い取ってもらおうと思い立ち。今は無き姫路フォーラスのスポーツウェア専門店で買った、自分にしては珍しく奮発したパーカー。7,8年使っても破れたり色落ちしたりすることもなく、まだまだ着られるのですが、鮮やかな赤の色味がちょっと年齢的に恥ずかしくなってきて・・・笑

 

「1,000円くらいになれば嬉しいけど、まぁさすがにそこまでにはならんわな・・・」と思いながら査定カウンターへ。しかし店員さんが提示した金額はまさかの2,060円!これは嬉しい誤算でした。迷わず手続き書類にサインして、るんるん気分で店をあとにしました。ありがとう、セカンドストリート。そしてありがとう、MHWのマウンテンパーカー。

 

しばらく汗をかいて、目的の隣町に。時間はちょうど12時ということでとりあえずお昼探し。地下の飲食店街に入ってすぐ、うどん屋さんを発見してここでいいかと入店。『まる輝うどんさん』、並で麺350gという多めの設定がとても嬉しい。冷やぶっかけにわかめをトッピングし、マイタケ天を添えて540円。良心的だし、うどん自体もコシが強くてとてもうまい。しかも一杯頼むとサービス券が一枚付いてきて、麺大盛りかトッピング一つをサービスしてくれるという大盤振る舞いぶり。一瞬で心を奪われたお店でした。

 

お腹が満たされたところで、次は手帳を探しにロフトへ。たぶん来年は本格的に仕事に復帰することになるだろうということで、気を引き締める意味で手帳を新調することにしました。1時間ほど悩んで、ほぼ日手帳のweeksを購入。実は既に購入済みだったヨシタケシンスケさんの手帳カバーを取り付けて満足。だいたいいつもここで満足しきって、ロクに書き込むことなく一年が過ぎちゃうんですよね・・・気をつけねば。笑

 

そいで次は本屋さん。このあたりでは一番大きな本屋さん、ここにくればほしい本はだいたいなんでも揃うということで、姪っ子へのプレゼントはここで見繕うことにしました。とはいえ2歳児へのプレゼント、はてさて何にしたものか・・・と悩みながら絵本コーナーを物色していると、『しろくまちゃんのホットケーキ』のぬいぐるみと本のセットが飾ってありました。自分もこどものころ、何度も読んでもらった本でした。しろくまちゃんのぬいぐるみもかわいかったのですが、付属のホットケーキのぬいぐるみがめっちゃかわいかった(お皿にのったホットケーキが一枚とその上にのせるホットケーキがさらに二枚ついてる)ので、これでいいかとレジへ。店員さんに綺麗に包装していただきました。

f:id:mojamonja:20210910181946j:plain

(絵本ナビさんより引用、ホットケーキの再現度◎)

 

そして今、映画館の入っている施設のフリースペースでこの記事を書いています。コージーコーナーで買ったジャンボシュークリームをほお張っています。あんまり行ったことなかったけど、コージーコーナーって洋菓子一個からでも保冷剤と紙ナプキンつけてくれるんですねぇ・・・めっちゃ助かる。フリースペースはテラス席なので、汚れた手を拭くナプキンがあるのはありがたい。同じものを喫茶店で食べれば、お茶代含めて3,4倍は取られちゃうし。シュークリームとマツキヨで買った伊右衛門で220円。これでいいのです。

 

15時を回って少し日が陰ってきました。風もいい具合に入ってきて、とても過ごしやすい昼下がりです。時勢がら、用事が無いとなかなか外に出られない空気が強いですが、せっかく夏の暑さも引いてきたことですし、たまには秋風を浴びに外へ出ないともったいない気もします。手洗いやら消毒やら、人との距離やらに気をつけながら、四季の変化を楽しめたらいいなぁ・・・といったところでそろそろ締めようと思います。

 

・・・銭湯でも入って帰ろうかなぁ。それでは。

ガッシュを全巻揃えた話。

ガッシュが20周年だそうですよ、奥さん。めだたいと思うと同時に、時の流れの恐ろしさにびびり散らかしてしまいますわね。

 

ガッシュと聞くと思い出すのは、小学校5年生のときの自然学校のこと。しばらく家を空けることになるので、母親に当時放送していたガッシュのアニメを録画するよう頼んだなぁ…とそんなことが脳裏に浮かんできます。作品の内容とかじゃなく、ごく個人的なそんな記憶。

 

それはともかく、『金色のガッシュ!!』は自分の好きな漫画のなかでもかなり上位にランクインしている作品。折を見て漫画を揃えたいと思っていたところ、20周年ということもあってかKindle版『金色のガッシュ!!完全版』の全巻55%ポイント還元のセールがはじまりました。やったぜ。

 

さらにこれまで電子書籍化されていなかった外伝や扉絵イラストなどをまとめた記念ブックが無料で公開されて、今を置いていつガッシュに手を出すのか!という状況に、堪らず全巻ポチり。早速読み返しはじめて、「ああ、やっぱガッシュは最高やな…」と静かに興奮しております。

 

作者の雷句先生の遊び心も堪能できる完全版ですが、これまで書籍版でしか見れなかったカバー裏イラストも記念ブックにしっかり収録されているので、本当の意味で「電子書籍の完全版」が手に入るようになったわけです。ガッシュをおでかけのおともにする最高のタイミング!おすすめです。